原状回復お役立ち情報

賃貸契約の退去後に必要となるハウスクリーニング。一般の清掃と異なり、専門的な道具を用いて部屋のクリーニングを行うことで、新しく入居する方にも心地よく部屋を利用してもらうことができます。 このように賃貸経営には欠かせないハウスクリーニングですが、賃貸オーナーの方やこれから賃貸経営をお考えの方が気になるのはその料金ではないでしょうか。 そこで、こちらでは間取りや広さ別のハウスクリーニングの料金相場を確・・・

記事を読む »

店舗やオフィスとして利用する物件が決まり、いざ賃貸借契約を結ぶときに、退去時の原状回復について気にする人はそう多くはないでしょう。 実はテナント(事業用)を明け渡す際にもっとも多いのが原状回復をめぐるトラブルなのです。 原状回復にまつわる無用なトラブルを避けるためにも、テナントと居住用の原状回復(スケルトン)の違いや、トラブルの事例について確認しておきましょう。 テナント(事業用)と居住用の原状回・・・

記事を読む »

店舗として利用するテナント物件を契約されている方、あるいはこれから契約を検討されている方は、「原状回復」「内装解体」「スケルトン」という工事について、またそれぞれの違いについて、正しく理解しておく必要があります。 テナント物件を借りるとき、退去するときに「知らなかった」「間違っていた」では、後々予想外のトラブルが発生する可能性もありますので、事前にしっかりと理解を深めておきましょう。 原状回復、内・・・

記事を読む »

賃貸物件の原状回復に関するトラブルで最も多いのがハウスクリーニングの費用を借主・貸主のどちらが負担するかという問題です。通常、ハウスクリーニングは新たに貸し出すために貸主が行うものとされていますが、借主との間に特約が締結されていれば、適切な金額の範囲内で費用を請求することができます。 ここでは、原状回復やハウスクリーニング特約の内容と、原状回復が必要な範囲、借主が負担するべきケースについて解説しま・・・

記事を読む »

オフィスを退去する際、賃借人(借主)には物件に入居したときの状態に戻す原状回復義務が生じます。その原状回復工事の過程で、借主と貸主の間で起こりがちなトラブルに、「どこまでを原状回復の範囲とするのか」「どこからが経年劣化・通常損耗とするのか」という問題があります。 今回は、原状回復工事で起こりがちなトラブルを回避するために、原状回復と経年劣化・通常損耗の意味や範囲、工事費用を負担すべき対象者について・・・

記事を読む »

オフィスの移転等で原状回復工事が必要となった場合、工事の見積書の費用をめぐるトラブルがしばしば見受けられます。 原状回復費の見積もりは本来よりも割高な費用を請求されるケースも少なくなく、貸主側も見積書を見慣れている人ばかりではないので、「これくらいかかるものなのだろう」と受け入れてしまうことが多いようです。 ここでは、原状回復工事の見積もりがあがってきた場合、確認すべき6つのポイントをご紹介します・・・

記事を読む »

個人の住居として、あるいは店舗やオフィスとして利用した物件を出る際、もっとも気になるのは原状回復工事の費用ではないでしょうか?「予想外の高額な見積もりを出されてびっくりした」などという話も、原状回復工事にはつきもののトラブルです。 原状回復工事のルールと適正価格を知ることが、無用なトラブルを回避するためにもっとも大切。今回のコラムでは、オフィス移転の法人様、または賃貸マンションの管理会社様に向けて・・・

記事を読む »

原状回復工事業者の選び方

2017年12月27日(水)
原状回復工事とは、アパートやマンションなどの物件で、以前の入居者様がお使いになったお部屋を次の入居者様が気持ちよくお使いになれるよう、クリーニングやリフォームをおこなう作業です。 これにはプロの確かな技術が必要であり、専門の施工業者へご依頼されることをおすすめしますが、仕事の質の低い業者も混じっているため、慎重に選択することが必要です。 こちらのコラムでは、「原状回復工事業者選び方」と題して、管理・・・

記事を読む »